2021年06月30日

紫外線をお肌から守る対策とは?

紫外線とは高いエネルギーを持つ波長の光の事を言います。天候や季節によって紫外線の強度は変わります。紫外線は夏は非常に強く逆に冬は弱くなります。しかし、年中紫外線はある為日焼け止めは必需品になると言えるでしょう。

曇りの日やお家にいても油断はできません。なぜなら窓やガラスを通して紫外線は自然とお肌の中に入ってくるからです。更に日焼けによる炎症が原因でお肌のキメは乱れ、ザラザラなお肌に変化していきます。紫外線がお肌に与える影響は見えるものではありませんが、着実に私たちの生活の中で100%防ぐことは不可能に近いです。

ではどうすれば紫外線からお肌を守ることが出来るのでしょうか?まず、家の中にいても毎日欠かさず日焼け止めは塗りましょう。もちろん外に出かけるとこも日焼けは必修です。そして外出する時は、つば付きの帽子をかぶりましょう。帽子は直接あたる太陽の光からお肌を守ってくれます。そして肌を焼きたくない方は長袖のカーディガンを1枚持ち歩くようにしましょう。

そして日傘も役立ってくれます。日焼けによるお肌トラブルを避け、できるだけ紫外線を浴びないように心がけましょう。

この対策をしてる人としていない人へのお肌のダメージは差が出ます。また日焼け止めは1度塗ったら終わりではなくて、汗や洋服の摩擦などで落ちやすいので効果を持続させたい場合はこまめに塗るように心がけましょう。日焼け止めを選ぶときはPA++・SPF20~30のものをおすすめします。

そして特に紫外線が強い夏場にはPA++以上SPF30以上のものをおすすめします。普段の日常生活での心がけひとつで紫外線からお肌を守ることが出来ます。

日焼けによるくすみやそばかすが気になる方やお肌を焼きたくない方はぜひ参考にしてみてください。
posted by 日焼け対策 at 00:00| 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月01日

子育てママはオールインワンゲルがベスト!

子供を産んで子育てが始まると、驚くほどに自分にかける時間がなくなってしまいます。

私も産後は、新生児のお世話で休む暇もなく、赤ちゃんがちょと大きくなると目が離せず、本当に自分のスキンケアにかける時間が、それまでよりもぐっと減りました。

でも、肌は妊娠・出産によってかなりダメージを受けているし、ホルモンバランスの変化から肌の調子も乱れがちです。

また、日に日に進む加齢のため、ちゃんと肌のお手入れをしないと、まずいことになってしまいます。

そんな私は、子供が幼稚園に入る前ぐらいまでは、いつもオールインワンゲルを使用しています。最近のオールインワンゲルは本当に優秀で、化粧水・乳液・クリーム・美容液がひとつになっているので、これだけさっと塗ればスキンケア終了です。

最初は物足りないかと思いましたが、塗ってみると結構しっかりと保湿ができるので、そんなに物足りなさはなく、安心して使えます。

余裕があればプラスしてクリームや美容液を塗れば大丈夫です。私の場合は、透輝美が良いみたいです。

年々、お肌には保湿が命!だと思い、お肌のスキンケアを心がけている私なのですが、本当に子育てママにはとっても助かるスキンケアアイテムとして、オールインワンゲルをあげたいです。
posted by 日焼け対策 at 16:20| 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月30日

日焼け対策の大切さ

日差しが気持ちよく、外出するのにうってつけの気候。動きやすい服装に着替えて出かけたい気分ですが、その前に忘れてはいけないのが日焼け止めです。

お天気が良い、ということは紫外線が沢山降り注いでいるので、日焼けをしてしまいます。日焼けをするのはビーチやプールだけではありません。シミやしわなどの肌悩みの原因のほとんどが紫外線であることは、よく知られるところ。シミやしわ、たるみやほうれい線ができる前のケアとして、日焼け止めを塗りましょう。

できた後で必死になって高額な美容液や保健の効かない高額な美容クリニックに駆け込む前に、日焼け止めで紫外線をガードしたほうが肌のためにも、お財布のためにも優しいと思います。今は日焼け止めもたくさん良いものが出ていて、手ごろなお値段で様々な商品が売り出されています。クリームや乳液上のものからスプレーでシュッとひと吹きするものまであります。

バックに小さいものを入れて、気になったら塗りなおす、というのも、有効な手段だと思います。さらに紫外線が気になる人はUVカット加工された日傘や帽子、サングラスなどで頭皮や眼もガードしてしまいましょう。アイテムを追加することで紫外線をより防ぐことができますよ。
posted by 日焼け対策 at 23:59| 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする